SDIについて About SDI

子どもたちには幼い頃からデザイン、機能美のあるモノに触れてもらいたい。 そういったモノたちを創り世に送り出すことで、子どもの情操を豊かに育むお手伝いをしたい。 その思いが子供向けの家具シリーズ「SDI Fantasia」誕生のきっかけとなりました。 デザイナーであり、SDI創設者である故・佐々木敏光が自分の子どもたちのために何かを作りたい、と湧き上がった気持ちを 何度ものリ・デザインを繰り返し形にした、子ども用の椅子<バンビーニ>は、その象徴的なアイテムです。

「使う人に合った、リアリティのあるデザイン」を大切にした結果誕生したSDI Fantasia。 子どもの成長に合わせて高さを調節でき、木馬にもなる<ニューバンビ-ニ>をはじめ、すべてのアイテムはホルムアルデヒドを抑えた規制に適合する塗料のほか素材にも配慮し、曲線や直線の織り成すデザインの美しさだけでなく、手触りや安全性も十分に考慮されています。「自分の子どもに使わせたい家具」は、すべての子どもたちに使って欲しい家具です。

「“モノ”にどれだけの力があるか」

いつもそれを念頭に置き、30数年間家具のデザインを続けた佐々木敏光は、デザイン=生活というシンプルな思考のもとに、日本の生活に寄り添う家具を作り続けてきました。その過程で既存の子供向け家具の“間に合わせ”的な素材やデザインを見て感じた「よいデザイン、機能美に触れるのは、大人になってからでは遅いのではないか」「子どものときからデザイン性の高い道具に触れ、何年も使えて思い出に残る、しっかりした家具に出会うことが、子どもの情操を育むのに役立つのではないか」という思いをブランドコンセプトとして、SDIはこれからも子どもと共に育つ家具を送り出していきます。